フィリピンに住んで十数年のよしのブログです。フィリピン生活について書いています。

うつ病は、午前中に日光に当たるといいらしい

2019.01.10

うつ病は、午前中に日光に当たるといいらしい はコメントを受け付けていません。

久しぶりのブログの更新です。

何ヶ月ぶりだろう。

うつ病を患ってしまい、しばらく廃人になっていました。

うつ病になると、不眠になり、夜眠れないというケースが多いみたいですが、自分の場合は、うつがひどくなると、眠気がひどくて、1日中寝たきりになってしまいます。
1日20時間とか、平気で眠ります。それでも、まだ眠いという状態です。

たくさん寝た後は、時間を無駄にしてしまったという罪悪感で、さらにうつがひどくなっていたのですが、精神科医で、本もたくさん出版されている、樺沢紫苑先生が、ユーチューブの動画で、
「うつ病で眠くなるのは、体が睡眠を欲しているからで、このような場合は思う存分眠ったほうがいい」
というような事を言われていたので、気にしないで眠る事にしました。

さらに、樺沢紫苑先生は
「うつ病の人は、脳内物質であるセトロニンが不足している。セロトニンというのは、午前中に日光に当たることにより、脳内に分泌される」
みたいな事を言われていたので、夜型の生活をやめて、きちんと夜に寝て、朝起きて、午前中に日光にあたるようにしたところ、よくなってきました。

このまま、この生活を続けようと思います。

樺沢紫苑先生の本は、以下の2冊がオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

学びを結果に変えるアウトプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]
価格:1566円(税込、送料無料) (2019/1/10時点)

広告

関連記事

プロフィール




フィリピン在住のよしです。
バツイチ、シングルファザーで、二人の子供と生活しています。
最近はセブを拠点に、セブとマニラを行ったり来たりしています。

メルマガ

メルマガ登録・解除
海外から、日本では有り得ない不思議体験レポート
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

広告

アクセス解析

ページ上部へ戻る